6つの特徴

イメージ

1、売り上げ倍増

SNSで拡散されれば、必然的にお客様は増えてゆきます。

外国人のお客様も虜になるでしょう。

さらにそのSNSでご来店いただいたお客様が、またまたSNSで拡散されてゆくので、倍々に客数の増加が考えられます。

お店でSNSで拡散した人には何かサービスをしてはいかがですか!?

外国人のお客様

外国人(特に中国人)には、"口コミ"が、お互い同国人同志の連絡、コンタクトと営業の重要なツールです。

"口コミ"をしてもらえば、外国のお客様にも注目され、来店者も増えてゆくことでしょう。

もし外国人のお客様に「口コミをしてください」と言うのが苦手なら、日本語・英語・中国語・韓国語・・・・など幾つかの言語で、壁などにその旨の内容を記した印刷物などを貼っておけば、いちいち説明しなくてもやってくれるでしょう。

しかし、ちゃんと約束の何かサービスはお忘れなく!

 

イメージ

私も散々な目にあいました

今や、SNSは実店舗にとって無視できない重要な<営業ツール>です。

そのため、《NET集客》を謳った営業電話がドンドンかかってきました。そして契約したとしても、実態は毎月何万も払ってもその分以上の見返りは、殆ど無いのが実情でした。

私もそれで随分散財しました。

"費用対効果"はマイナスでした。

また、有名雑誌に1回100万円の費用で広告を掲載しても

全くと言っていいほど効果はありませんでした。

 

イメージ

戦術と武器

 そこでメニューを追加したり、値下げをしたり、テイクアウトやデリバリーもしましたが、思うような結果は出ませんでした。

 

なぜならそういう戦術は、どこのお店もやっているからです。

自分では新しい戦術でも、その方法はお客さん目線で見れば(新しい戦術)でもなんでもなく、どこでもやっている変わり映えしない戦術、つまりは(フツーの戦術)なんですね。

 

だから改めて「行ってみたい」と思わないんですね。

 

やはり人を呼び込むには

         誰も持っていない     "武器"

     今まで見たことがない   "武器"

     感動する         "武器"

     見たら話したくなる    "武器"

が、必要なんですね。

 

それが忍者の魔法のテーブルなんです。

 

 

s-nishimura @tokyo.email.ne.jp

お気軽にお問合せください。